PKやまもとのブログ

佐世保在住フリーライターのPKやまもとです。生活のこととか仕事のこととか書いていきます。主に佐世保のことです。

子ども写真の裏側は

子が笑顔で離乳食を食べる画を一心不乱に撮っていた。

f:id:PKyamamoto:20190416104322j:image

スマホを片手でプルプルと持ち、もう片手でスプーンを口に運ぶ。

食べるタイミングでわたしが声を掛けて笑わせてシャッターを切る、と、こういう手順だ。

はたから見ればとんでもなく滑稽な絵面である。

写真の裏の世界を身をもって知った気がする。

わが子の笑顔は、「ごはんおいちい!」ではない。

なのにそう見えてしまうのは本当に不思議である。

今度からこのような写真を見るときは、その裏にある両親の努力も推し量らねばなるまい。

 

「ドンキ気分を味わいたいから行こう」という夫の提案で、雨の中ドンキホーテへ行く。

入口のTシャツ売場で、やおきんとの謎コラボデザインを発見。

ほかにも丸川製菓など駄菓子メーカーとのコラボTがあり、夫はココアシガレット柄、わたしはマルカワガムいちご味柄を衝動買いした。

店内に入り、手作りのポップや陳列、なんだかよくわからない匂い、取り扱い商品のドンキ感などを存分に味わい、スコッチウイスキーや食材を購入して店を出た。

よくあることだが、食材を買ったのに外食をしてしまう。

今回もその例によって、ヤマダ電機、アクロスプラザと寄り道をしてしまった結果、くら寿司にするりと入店してしまった。

非常によくあることである。

おとなしい子を抱えながら、寿司をパクパク口に運ぶ。

くら寿司で評価できるところは、ポン酢があるところだねと夫と話す。

あとは変わり種メニューが多いということもあるが、今回見て驚いたのはバーガーメニューが登場していたことだ。

「食べずに否定するのは失礼だよね」と勢いでオーダー。

バンズのてっぺんがひんやりしていて二人で笑った。

f:id:PKyamamoto:20190416104134j:image

味は、てりやきバーガーと魚フライを同時に食べたような味だった。

普通に美味だった。

 

 

晩はハイボールと、夫の作る焼きそばだ。

冷蔵庫のありものと、ドンキで買った一袋10円のちゃんぽん麺がとんでもなく美味い焼きそばに変身した。

オタフクソースをベースにしながらも、生姜とニンニクで深みがプラスされた中毒性の高い逸品である。

f:id:PKyamamoto:20190416103506j:image

夫の前職にちなんだ「居酒屋W風」だ。

フライパンいっぱいにあったはずのそれは、半分ほどわたしの胃袋におさまった。

Netflixで、HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」を全話一気見した。

漫画が原作のためか、登場人物の役柄が非常に際立っており、主人公以外にも見どころが多い。

ところどころ小ネタも投入されていて、大泉洋がなんとも地に足がついた役柄でとてもよかった。

最終話では、夫にバレないようにこっそり泣いた。

 

冷凍庫の引き出しが開かなくなって絶望的な気持ちになった。

片付けなどを全部終わらせて、あとは冷凍庫にものを収納して、さあ寝ようといったタイミングだった。

ようやく入る隙間に手首をねじ入れ、原因の大元をさがす。

どうやら、冷凍庫の内部部品がずれて引っかかっているようだった。

なんたることだ。もはや力ずくでどうにかなる話ではない。

 

せっかく身の回りをスッキリさせたのに、まさかここで、こんなことでもやっとするなんて…

やり場のない怒りがこみ上げる。

誰も悪くないのだが、この状況は許せない。

変なところで完璧主義が出てしまうのだ。

結局悶々としたまま布団に入り、ラインを開く。

父のアイコンとホーム画面がどちらもわが子になっていた。

じいじ魂炸裂である。

なんだかそれをみていると心が穏やかになり、と同時に眠気も訪れて、すやすやと寝た。

 

 

【記事を書かせていただいてます】

PKやまもと | させぼ通信

 

 

【日常あれこれ】