ヤマモトチヒロのブログ

佐世保在住フリーライターです。育児日記に混じって、地元佐世保の歴史や文化、老舗や人物について取材撮影執筆した記事を掲載しています。

MENU

青春はいたるところであふれている

妹2を見送りに、姉妹3人と子で長崎空港へ向かった。

雨が降るかと心配されたが杞憂に終わった。

次に会うのは秋、親戚の結婚式だ。

搭乗ロビーと待合エリア越しに電話を使って別れの言葉を交わす「グッバイコーナー」があると知ったのは妹2を完全に見送ったあとだった。

受話器のそばに立ち、ガラス越しに妹2の背中を見ながら、この受話器を持つ姉に気づいてはくれまいかと思っていたが、妹2は颯爽と歩いていってしまった。

このグッバイコーナーだが、数年前から地方空港の名物として注目されているのだという。

全文表示 | 地方空港でドラマ生み続ける「ガラス越しの電話」 スマホ全盛でも消えない「別れの演出」 : J-CASTニュース

さまざまな呼称があるらしいが、なんにしてもとても素敵な別れの演出だ。

ただ、この存在に気がついている人はどれぐらいいるのだろうか。

ながさき紫陽花まつりのPRで配られていた長崎銘菓おたくさを手に、妹と駐車場へ向かった。

✳︎

✳︎

✳︎

子をチャイルドシートに乗せるのがちょっぴり難しくなってきた。

暑くて不快だということに加え、やはり動きのバリエーションが増えたことで、こんな狭いところにおさまってたまるかー!と激しい抵抗をすることが増えたからである。

車を止め、シートから抱き上げると両足をピンと伸ばしバタバタと動かした。

すぐに自分から座席の背もたれにつかまると、その場で足踏みをした。

座らせようとしても足を曲げずにずっと立ち続けている。

そんなアクティブな子のようすを見て、おお、これは接客業向きかな、とぼんやり考えていた。

 

季節の変わり目あたりに、わたしは決まって喉を腫らし熱を出す。

原因はわからないのだが、風邪薬やうがい薬が一切効かないうえ、食欲はあるのに喉が痛いというなんとももどかしいフルストレス状態だ。

しかも今回発症したタイミングが、夫のバースデー前後だったというのだから妻としてとても不甲斐ない。

けれどもこの日はどうしてもお出かけしたい場所があった。

平戸オランダ商館の「 yellow yellow yellow」展だ。

日用雑貨、嗜好品、服飾雑貨、食品など黄色のものばかりをズラリと1つの空間におさめたインスタレーション展だ。

先週フライングでここを訪れ、ガックリしながら帰ったアレである。

ようやく見ることができて満足だった。

f:id:PKyamamoto:20190610120010j:image

子に黄色いものを着せてみたが正解だった。

肖像画っぽく写れるコーナーで子の写真を撮った。

f:id:PKyamamoto:20190610120119j:image

全体的にバシャバシャ撮りまくりながら会場を回った。

「黄色が押し寄せてくるね!」とお義母さん。

まさしくその通りだった。

帰り道も、あらゆる場所で黄色のものが目について仕方がなかった。

これがカラーバス効果なのかと震えた。

 

帰りに寄ったスーパーで、彼女連れの部活のコーチと、それをからかう教え子の女子高生との一部始終をこっそり見たり、海沿いを歩く高校生カップルの姿を見たりした。

青春はいたるところであふれているんだなと感じた。

 

夫のバースデーに、夫への愛を伝えようと思い夫の写真集をつくった。

3O(=夫)写真集だ。

f:id:PKyamamoto:20190610135424j:image

私から見て、カッコいい、セクシーだ、イキイキしている、物憂げだといった珠玉のワンシーンを集めた逸品だ。

ちなみに夫以外の人も出演しているし、ところどころには私の熱い思いがほとばしっている。

夫に愛を伝えるということと、あとから自分で読み返してニヤニヤしたいという、至って自分本位な欲求で生まれてしまったこの写真集は、歳を重ねるごとに巻数を増やしていくことだろう。

夫のことをご存知の方は、写真集の感想をぜひ彼に聞いてもらいたい。

わたしから直接聞く勇気はないのだ。

 

夜、ニンテンドースイッチFF9を夫と一緒にプレイした。

わたしはこれまでのシリーズだと、9がダントツで好きである。

夫に「女性で9好きな人って珍しいよね」と言われたので、「まぁ、深いファンタジーに浸れるっていうかね…」と返事をしたあとに我ながら良い感じだったのでニヤリとした。

男のロマンがわかる女ってやつだ。

サバサバ系女子だ。

しかし以前夫には、9をプレイしていた高校生当時にドハマりしたBLカップリングの話をしていたので、きっとその渾身のコメントはスルーされてしまったのではないかと思っている。

 

 

 

【記事を書かせていただきました】

あの赤いゾウさんのスーパー、エレナの「アノ歌」のひみつを探ってみた | させぼ通信

 

三ヶ町の路地裏にある『立ち呑み処&猫雑貨屋 旅と猫と』に、猫好き女子でまったりしてきたよ【毎月22日はニャンニャンデー】 | させぼ通信


猫にもなれちゃうふしぎなお店、有田町の『工房 FLOWERS』をたずねて | させぼ通信


料理との"出会い"が楽しめる、佐世保の穴場スポット♪気まぐれオーナーのこだわりが光る下京町の『ご飯屋ぐーぐー』でランチ | させぼ通信

 

【珍スポット】佐世保の「ゆうれい坂」って知ってる? | させぼ通信

 

 

【日常あれこれ】

https://www.instagram.com/p/Bycn5DxpD0-/

レアチーズケーキとってもスッキリしたお味でうまままです#佐世保 #sasebo #kuche #クーシェ #島地町