ヤマモトチヒロのブログ

佐世保在住フリーライターです。育児日記に混じって、地元佐世保の歴史や文化、老舗や人物について取材撮影執筆した記事を掲載しています。

MENU

日記

またたくまに34週

わたしがウケ狙いでやる変顔を、子が習得している。 なんて素直なやつめとちょっと良い気分になってホクホクしていたが、そのバリエーションをしばらく観察していると色々と思い当たる表情が出てきてドキッとしてしまった。 おそらくわたしが考え事やネット…

寒いけどアイスは食べたいし

お出かけをしたいという気持ちだけはあったが、温かい部屋から一歩出ると気持ちがしゅんとなった。 午前出勤から帰ってきた夫と昼食を食べ、録りためていた番組を見る。 部屋にこもっていたい気持ちと、日曜日ならばなにかしなければという使命感でもやもや…

マインドフルネスYouTuber住職

お世話になっている媒体「テマヒマ」の主催で行っている手間子屋ワークショップへ、スタッフとしてお邪魔した。 場所は上柚木町にある西光寺だ。 前回、ボイトレ講座でお邪魔して以来だなぁと思っていたら1年近く経っていたのでヒィッとおののいてしまった。…

ファッションに疎い嫁がファッショニスタのお姑さんを撮るアカウントをはじめた話

Instagramで新しいアカウントをつくった。 これはもともとのやつで↓ 夫からクリスマスプレゼント。たっぽたっぽトートバッグです。「一干蛸」のフレーズを調べると、どうやらもともとは「干(ひい)蛸」だったようで、いつのまにやら「一丁(いっちょう)蛸…

楽器を演奏するように履歴書をつくる

先日、妹1が自宅に遊びに来てくれた。 お昼ご飯を買ってきてくれると言うので、いつも悪いなと思いつつ遠慮していたら大好きなカヤバーガーだったのですぐさま食らいついた。 たらふく食事をしてお腹いっぱいになったいたはずの子が、われわれの食事の雰囲気…

こんがりトーストで口のまわりをケガしてしまう

朝、子が寝ている隙に夫のお弁当作りをしたり洗濯をしたりする。 身体を起こすまでは地獄だ。頭のなかで、もし夫のお弁当作りをサボったら1日いったいどれだけ後悔するかを一通り想像してモヤモヤしたあと、やっとのことで布団から身体をべりべりと剥がす。 …

子の運が良かったのでホッとした親心

年が明けた。 今年は子年なので、良いスタートの年となるそうだ。 新しいことを始めることや、転居転職にも最適らしい。 しかし、第二子でお腹が大きくなってしまった身体をさんざん甘やかしていた結果、自宅に関しては大掃除すら終わっていない状態で新年を…

白米の魔力

わが家にある米は、ジャスミンライスとバスマティライスの2種類だ。 ジャスミンライスはタイ米の最高級品。バスマティライスはインディカ米の高級品のひとつと言われている。 なんだかアジアの富裕層のような家だなぁと思うが、主にこれらを食するのはお義母…

いつのまにか世界がいっぱい救われていた

子が1歳になるまでのあいだに、世界が何度危機に陥り、そして救われたのかわからない。 観まくったアニメの話である。 決して子育てをサボっていたわけではない。 子の気を引かせたいときや疲れて何もしたくないときなど、NetflixやらAmazonプライムやらがと…

孤高のアドリブ芸

蚤の市に行ったりしているあいだに10月が終わった。 11月だけどそんなに寒くないね、という話をした。 ちなみに昨夜のハロウィンでは、夫はジョーズのコスプレをした人物と街中でハイタッチをしたそうだ。 至って平和な佐世保のハロウィンである。 そういえ…

ながさきプレスさま「佐世保ごちそう大図鑑vol.5」のお仕事が楽しかったよって話

この度ありがたくお声掛けいただき、「佐世保ごちそう大図鑑vol.5(発行・ながさきプレス 10/27)」でお仕事させていただきました! お義母さんに「あなたがやったトコふせん貼っといて!」と言われたので貼りましたが、 お仕事の跡が目に見えてしみじみ感動…

子にいつも顔を踏まれている

朝7時に起きて、夜20時には猛烈な眠気がきて日付が変わる前に眠る、という生活をわりと長く続けている。 1歳を過ぎた子は、よりエネルギッシュさを増し、我々よりも活発に動き回っている。 わたしは楽な体制でいたいのでごろんと横になるが、子はお構いなし…

坐薬メモリー

子の高熱が続きあたふたしている。 病院へ行き、その後平熱に戻ったのですっかり安心していたものの、再び夜に高々と熱が上がってしまった。 おまけにぐずって苦しそうだ。わたしまで泣きそうになる。 「38.5度を超えていて、つらそうだったら使ってください…

ポニーの脊髄に電池

お義母さんがリサイクルショップで買ってきてくれたポニーの木馬(もこもこしている)の脊髄に電池ケースが入っているのを発見したのは、およそ数ヶ月経ったあとだった。 部屋にあった電池を入れ、両耳に内蔵されているスイッチを押すと「You are my best fr…

佐世保に7区ができるようだ

妹1と母と、新しくオープンしたタピオカドリンク店に行ったのだが、タピオカが無味だった。 ブームになる以前からタピオカにハマっている妹は、最近増え続けるタピオカ商品をあれこれ試し、ランク付けをするようになった。 「本場台湾の味って言ってたのに……

大中のこと②とわが子の初接吻について

最初に配属になったのは、大中キャナルシティ店だった。 福岡エリアはキャナルシティ、天神コア、ダイエー(ミーナ天神のとこ)、笹丘、中間あたりに店舗を構えていたような気がする。 その中でもキャナルシティ店は九州1、2を争う売上で、常に関西人の偉い…

わたこんしき

前職のことをつらつらと思い出しているうちに、気がつくと結婚記念日を迎えていた。 ところでわたしは、入籍日の半年後に結婚式を挙げ、その4ヶ月後に子を出産している。 なので、なんとなく身の回りには「できちゃった婚かと思ってた」という人が居たりする…

大中のこと①

わたしは大学を卒業後「大中」に入社した。 大中は、だいちゅうと読む。 かつて原宿をメインに全国展開した雑貨店である。 原宿をメインに、というのは、2018年3月末に閉店した最後の店舗「大中原宿店」のイメージが強かったからである。 「大中」そのものの…

シャッキリとした気持ちでコミュニティーセンターへ行く

昼過ぎまで夫は仕事だった。 午前中に抱えていた仕事を少し終わらせ、昼ごはんを子に食べさせる。 離乳食が1日3食になってから随分と月日が流れたような気がするが、いまだにどれぐらいの分量が適当なのかわからない。 ネットで調べてみるが、おかゆ80g、野…

ねこのしっぽと落雷と明太子

子に、猫の撫で方のレクチャーをする。 まず、肉ごと毛を握り込んではだめだ。 手のひらをパーにして、優しくトントンするところから始めよう。 うん、手がしっとりし過ぎているから、毛が大量についたね。 いま抜けやすい時期だから仕方がないけどね。一応…

夫の職業にタイムキーパーを付け加える

1日のうち、子とふれあう以外はほとんどがパソコンかスマホ画面を見ている。もちろん仕事のときもあるのだが、スマホのときは大体ネットサーフィンだ。 ほんとうに、頭のネジが1本外れたようにボーッとしながら見ている。 しかもだいたいは頭に入っていない…

ダメ元で美容室に電話する

半年ぶりに髪を切った。 まるで重力から解き放たれたような気分である。 わたしが行きつけ(半年ペースなのにそう呼んでいいかは謎である)の美容室に電話をかけるとき、前もってではなくいつも当日だ。 「ダメ元で聞きますが、今日どこか空いてますか」が常…

スマホをいじらずにベンチで時間をつぶすのは難しい

唇の下にできものができた。 おそらくヘルペスのようだ。じんじんと痛い。 これって人に感染るんだろうか、と思いつつ、日課にしていた子へのムチュー(われながら書いていて痛々しい)を封印することにした。 代わりにほおずりである。 しかし、半年以上伸…

表面の薄皮をいただく

子が徐々に家のデンジャラスゾーンに立ち入るようになってきた。 これまではわたしの顔色を見つつ、ダメそうな雰囲気を感じると大人しく引き返したりしていたのだが、 最近はどうも大丈夫だと思われているらしい。 子があまりにかわいいので、わたしの表情も…

新海誠より今敏が好きだ

雨続きの天気にすっかり気を取られてしまっていたが、いつのまにか夏が終わってしまったようだ。 子と外に出たとき、まとわりつく空気が明らかに変わったので「秋じゃ、秋じゃ!」と飛び跳ねた。 なんとなく、新海誠の映画のようなキラキラっぽさを感じた。 …

トイレにペンを置かねばならぬ、9月

カレンダーをトイレの壁に貼っている。ペンを適当にトイレットペーパーホルダーの上に置いて、各自でスケジュールを書いていたのだが、いつのまにかペンが行方不明になってしまい、しばらく誰も書き込みをしていなかった。 なので色々と予定が入っていたにも…

タスクのように包子を食らう

今年一番の大雨で、久しぶりに家族の中でもどよめいていた。 夫が出勤後、すぐに帰宅してきたことがものすごく大事感だった。 いつも台風などが接近しても逸れてしまい、毎回肩すかしを食らってしまう佐世保にとって今回の大雨はまれに見る災害だったに違い…

髪を切りたくないという理由を無理やりさがす

先日はお坊さんを主役にしたイベントの開催でバタバタしていた。 自分側での反省点が非常に多かったが、お寺コンテンツと檀家さんパワーの強さを十二分に思い知る結果となった。 わたしが会場でわたわたと足と頭が絡まりそうになっているあいだ、子を実母に…

アイスがずっと残るのはうらやましい

台風が過ぎてお盆が過ぎると、一気に秋の匂いがやってきた。 子と外に出て、空気を吸い込む。 「秋だねぇ〜」と声を掛けると、子はゲハッと笑った。 もうすぐ子が生まれて1年になる。 あんなに死にそうになっていたのが嘘のようだ。 しかし死にそうだったと…

ベーコンはそのままでもうまい

お盆明けに終わらせなければいけない案件があったので、この日はひたすらに手を動かしていた。 キッズマットの上に置かれた低いテーブルの上にタブレットとキーボードを設置して作業をする。 当然、興味を引かれた子がこちらにやってくるが、さまざまなバリ…